namapology

1971年生まれの関東在住ナマポの生活と生活保護に関する主張

走れて、気に入らない人を恫喝して、毎日自転車で外出するほど元気なナマポが要介護に

ウチのアパートのナマポジジイ103が、恫喝したら、これまで要支援だったものが要介護になったそうだ。

脳梗塞で倒れたのを理由に恫喝したら、すんなり要介護に変わったらしい。

確かに4年ほど前に脳梗塞で病院に運ばれたけど。
3日で退院した時には、以前通りのドスのきいた話し方で流暢に喋ってた。
片半身に麻痺が残ってたが、それも3か月で治り、しかも普通に走れるほど元気に😡

67歳の今でもドスのきいた話し方に変わりはないし、
相手によって態度を変える狡猾さも変わってない。
毎日午前と午後に自転車で出かけてる。

まったく脳梗塞の後遺症は見られない。

60歳のとき初めて会った時と変わらず元気で、ガラが悪い。
今でも気に入らないことがあると、
アパートの住人や宅配業者などを、
大声で怒鳴りつける。

そんな元気が有り余ってる奴が、
要支援にすら見えないのに、
要介護になった😡

ニュースなどでは、適切な介護レベルが適用されず困っている老人が多いと言ってるのに。

何でこんな元気で人を恫喝するのを生き甲斐にしてるようなナマポジジイが要介護なんだ😡

その要介護 になるようなナマポジジイに、
何度か理不尽な理由で恫喝されたせいで、
私はいまだに精神科医通いを続けてる。

それなのに私の転居費用の支出は一切認めず、
支援の必要すらないほど元気なチンピラナマポジジイは要介護に認定する。

確かに生活保護と介護は別の課だけど。

自立を目指してるナマポと、
死ぬまで税金で好き勝手に生きられるナマポジジイ。

何の社会貢献もしてないし、これからもする気のないナマポジジイの方に、何で税金をたくさん投入するんだ😡😡😡

遅すぎる😡 無料低額宿泊所 面積や設備基準設け規制強化へ | NHKニュース

無料低額宿泊所 面積や設備基準設け規制強化へ | NHKニュース

ホントに遅すぎる😡

これは支給額の減額をする前に行うべきだった。

そうしてたら、自立率は上がってたはずだ😡

悪徳業者だけでなく、普通の宿泊所でも働かない人向けのシステムになってるから宿泊所に入って、自立できるような仕事をすることはかなり難しい。

僕が5ヶ月間入所してたとこも、働いてない人のほうが偉そうにしてて、働いてる人が肩身の狭い思いをしていた。

役所の家庭訪問も一年に一回、一室だけを五分程度見ただけで、50人ほどいた受給者の家庭訪問がすべて終わったことになってた。

役所が楽するために宿泊所のガイドライン違反を見て見ぬふりしてたとしか思えない。

だから、
ホームレスが一時的な居所として宿泊所を利用してる場合、アパートへの転宅を積極的に支援するように、
という通達が出たあとでも、○○市では家賃が高いという理由以外での転宅は一切認めていないと、平気で職員は嘘をつく。

通達以前に○○市が宿泊所からアパートへの転宅支援をしてたことは、宿泊所の職員から聞いてたので、「認めたことがない」というのも嘘だった。

転宅費用を支給されたら、それを持ったまま失踪するケースが多かったから、宿泊所からの転宅を認めなくなっただけだった。

とにかく役所はガイドライン違反の宿泊所に受給者を押し込めることに一所懸命だった。

大体私がホームレスになった後、宿泊所を紹介したのは、それまで10年ほど生活してた区の福祉事務所だった。

その区には宿泊所がなかったので、そうすればその区での受給者を増やさずに済むから、という理由だと思うけど。

とにかくこれまで宿泊所の規制をちゃんとしなかったために、どれだけの税金が無駄に使われたかを、厚労省は認識してほしい。

脱貧困するためには、いい加減な人になる必要がある、と断言する理由 - 脱貧困ブログ

脱貧困するためには、いい加減な人になる必要がある、と断言する理由 - 脱貧困ブログ

結局プライドか。

ネットで「働く気無くすわ」とか「働くのパカばかしくなる」とか言ってナマポを非難する人達は、
決して働くのを止めてナマポになることはない。
ナマポになることはプライドが許さないからだ。

そして彼らは、ナマポになる人はプライドが無い人達だと思いこんでる。

「プライドがないからナマポになれる人」が憎たらしくてしょうがない。

でも明日は我が身なんだ。

バッシングするよりも、
ナマポがどうしたら自立できるか考えた方が、
バッシングする人たちの精神衛生上いいと思うのだけど。

「プライドがないからナマポになれる」という思い込みは、
「ただナマポを精神的に追い込むだけで、自立から遠ざけている」、
という現実に気づいてほしい。

立川生活保護廃止自殺事件。の巻-雨宮処凛がゆく! | マガジン9

立川生活保護廃止自殺事件。の巻-雨宮処凛がゆく! | マガジン9

不正受給が多くなるたった一つの理由:何が不正受給にあたるかをちゃんと福祉事務所は説明してない

「生活保護なめんな」ジャンパーが冒涜したもの(大西 連) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

このblogで何度も書いてきてるように、福祉事務所は、ナマポになった人に生活保護制度の説明をほとんどしない。

だから、指摘されて初めて自分が不正受給をしてたことに気付く人が多い。

特にギャンブルで勝ったお金は申告しないといけないものだということを知らない人は多い。
換金されたお金から注ぎ込んだお金を引いた差額ではなく、いくら注ぎ込んだかに関わりなく換金されたお金がすべて収入とみなされると知ってる人はどれくらいいるだろう。

ただギャンブルでナマポがいくら儲けたかなんて知るすべがない。

そして一部の生真面目なナマポがギャンブルの儲けをすべて申告するようになっただけでも、ケースワーカーの仕事はパンクしてしまう。

だから、「ギャンブルの儲けを申告しましょう」とは言わずに「ナマポはギャンブルをするな」ということになるんだろう。

んなもん作ってる余裕があんなら

「不正受給はクズ」…生活保護担当らが自費でジャンパー作り着用、受給者宅にも 神奈川・小田原 - 産経ニュース

そんなんもん作ってる余裕があんなら、
ナマポが申請すべきことや免除されること、注意すべきことを書いた小冊子を、
ナマポ全員に配布しろや!

何にも教えてないのに、何が不正受給にあたるのかわかんないだろ!

精神科を受診するたびに症状が悪化するが、薬をもらうためには通院せざるをえないジレンマ

いい商売だよな。

5分間話を聞いて薬を処方するだけで儲けられる。

別に不正診療なんかしなくても簡単に儲けられる。

私の病気の原因は今のアパートにで暮らしてることだってのは、先生も認めてることなのに、それに対する援助をするつもりはまったく無い。

福祉事務所がアパート転居の支援をしてくれないことを訴えても、「それについてはノーコメント」と言うだけ。

今のアパートの住民に苦しめられてることが苦痛なのだから、毎回その話をするしかないんだけど、「どうしようもない」と突き放されるだけ。
それが私の精神をさらに痛み付ける。

だから、診療が終わった後は、どっと疲れる。
病気を悪化させるために通院してるようなもんだ。

でも通院しないと抗不安剤がもらえない。

もう死んだように行き続けるしかない。

福祉事務所も転宅支援しないと、老人になって死ぬまで面倒見なくてはいけなくなるのに、目先のお金だけを気にして長期的なことは考えようとしない。

そんな事情も知らずに、財務省は生活扶助のさらなる減額と就労支援という名の「働かないと生活保護を打ち切るぞ」という強迫の強化を厚労省にせまってる。

そして、厚労省に抵抗することは出来ない。

少子高齢化が進んだ先進国で、厚労省の予算が毎年増えていくのは当たり前のことだと、なぜ胸をはって言えないのか?